日記

2017年07月23日

思い返せば私が物心ついた時には
床につき日記を書く毎日
今日の出来事
購入した物と金額
誰かが訪ねてきたら
何時頃、誰が来て何時に帰った

たまに季節に応じて
雪が積もれば1面銀世界
雨が酷ければ豪雨
真夏には当然、暑い
台風の事、地震の事
短い中に色んな事が認められている


忘れもしない
小学3年生の時
ちょっと小銭を引き出しから拝借
それがバレて
日記帳の最後のページに
「今から悪い事は絶対しません」
そう書かされ
今もまだ残されている

20年位前から私と同じ5年日記に
最後に書かれた日にちは
6月8日
読み返せば2年位前から
5行あるうちの2行くらいとなり
それでも頑張って書いてたんだと想う。

私はいつまで書けるかな
日記を認めながら
そんな事を考えるのでした。








同じカテゴリー(病院スタッフのひとりごと)の記事画像
京都へ
孫のお話しを少し❗
今年 初の花火大会!
ベビーとサイキックトーク
【大観峰】
夏が来る
同じカテゴリー(病院スタッフのひとりごと)の記事
 京都へ (2018-01-06 18:58)
 孫のお話しを少し❗ (2017-10-29 00:00)
 今年 初の花火大会! (2017-10-22 00:00)
 ベビーとサイキックトーク (2017-10-15 13:58)
 【大観峰】 (2017-10-15 13:50)
 夏が来る (2017-07-09 22:06)

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 21:51│Comments(0)病院スタッフのひとりごと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。