ピンクリボンとは

2008年08月08日

よく街を歩いているとこのようなマークを見かけることはありませんか?
車に貼ってあったり、スーツの社章として歩いている人がいたり・・。



このマークは、ピンクリボンと言って、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。

女性の8人に1人が乳がんを患うといわれているアメリカで1980年代から盛んになった市民運動の思いを表しています。

乳がんはごく早期に発見されれば95%が治癒するといわれています。

このため、行政、市民団体、企業などが乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを展開したり、ピンクリボンをあしらった商品を販売して収益を研究団体に寄付したりする運動が積極的に行われるようになりました。その結果、年々検診率が高まり、乳がんによる死亡率は低下しました。

ピンクリボンを見たら、ぜひ、乳がん、検診のことを思い出してください。

街のホームドクター弥永協立病院


同じカテゴリー(乳がんについて)の記事
 乳がんを治すサプリメントはある? (2009-03-08 00:38)
 太っている人はがんが再発しやすいか? (2009-02-17 00:37)
 大豆や豆腐を食べると乳がんになる? (2009-02-08 00:36)
 しこりはすべて乳癌か? (2008-08-08 00:34)
 乳がんの病院は何科? (2008-08-08 00:33)
 乳がん定期健診のすすめ (2008-08-08 00:32)

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 00:32│Comments(0)乳がんについて
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。