Posted by at

『プチ旅行』

2012年05月25日

気づけば春も終わり、暑い日がふえてきました。
ブログに何を書こうと悩んでるうちに、もう5月…早いものです。
なんてなく平凡に過ごしていたので
更新遅くなりました(汗)

こないだ、急に馬刺が食べたくなり、急遽熊本まで行ってきました。
ちょうどその日は、繁華街アーケードでお祭りがあってました!
なので、とにかく人・人・人
その道をビール片手に物色!!
いい匂いがプンプンでした(笑)
夜ご飯は、馬を満喫し、
barへ。
1500円/h 飲み放題に熊本来たらいきます。一時間ってのが魅力的!
一時間勝負で、ガンガン飲んでパッとお店を後にします(笑∀笑)
次の日は、モーモーファームに行きました。
どこ?って思う方も居ると思います。
実際あたしも、??ってなりました。
広い牧場に、馬、牛、豚、ポニー犬、ラマ、ダチョウなどの動物が居ました。
ただ、ほとんどの動物が、木に縄で繋がれてるだけで、触れ合うことができます!触れる事が出来るので、意外と毛が堅いとか、発見になります。
人に慣れてるのか、凄く大人しい!



子どもさんは、もちろん大人のあたしも楽しめると思います!

次に来たのは、生茶のCMで昔使われていた場所!滝です。



帰りは下道で帰ってきたので、黒木の大藤まつりにも行って帰ってきました。


急遽いった旅でしたが、意外と色んなとこに行って堪能できた日でした。
どこかおすすめの場所あったら、是非教えて下さい!!

  

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 11:13Comments(1)病院スタッフのひとりごと

家庭菜園

2012年05月16日

今年も 我が家の野菜たちがスクスクと育ち初めました
毎年 旦那様に作って貰って 私は料理して食べるだけですface02
今 大葉とサニーレタスとほうれん草が食べ頃です

大葉は我が家では欠かせない存在ですface02
お魚料理はもちろん
お刺身が多くいろいろな
バリエーションで活躍しています

ほうれん草やサニーレタスも今 柔らかくて
毎日 野菜サラダも欠かさず食べる事ができます。
すぐに量が増えるので
ご近所さんや友達にもあげたりしています
これから夏に向けてトマトやキュウリやオクラの成長とともに収穫が楽しみですface02
  

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 18:14Comments(0)病院スタッフのひとりごと

インドア派のつぶやき

2012年05月10日

気温が徐々にUPしてきましたicon14icon10
これからまたエコ対策しないと電気代が気温とともにUPicon196
只今薔薇真っ盛りで我家の庭にも漂う薔薇の香りicon100



さて、今回ブログの記事に何をしようかと考え、アウトドア派でもないので(^^ゞ
よく見ている映画の話にしました。
映画館にはほぼ夜勤明けで行きますが、上映時間のタイミングがなかなか合わずほとんどwowwowかスカパーで見るってところですicon10

ここ一年くらいで感動したというか泣けた映画は
「ハーモニー 心をつなぐ歌」2010年/韓国



塀の中で出産し塀の中では18ヵ月だけ我が子と一緒に過ごせるがすぎると養子に出さねばならず別れるシーンは切なすぎですicon198
誰もが心の傷を抱えながら生きる女子刑務所で、「ハーモニー」合唱団が結成icon65
最初はメチャメチャでしたが歌の力が凍てついた女性たちの心を溶かしていき歌も上手くなりソウルでの外部公演へ招待されるのですが、そこで偶然にも園児になった我が子と再会小さな手が実母とは知らずにキュッと手を握ってくれるんですicon09
もうその頃にはティッシュでは足りないくらい涙

「小さな村の小さなダンサー」 2009年中国



リー・ツンシンのベストセラー自叙伝『毛沢東のバレエダンサー』を映画化されたもので毛沢東政権下に、農村出身の11歳の少年が親元を離れバレエダンサーとして成功し米国へ亡命する波瀾の半生を描いた作品
この作品も最後のシーンは感動です。ダンサーとして舞台に立った時、本人には知らされずに両親が来場しており11歳から成人となるまで親に会っていない事を考えると胸にぐっとくるものがあります。

内容は違えど似たような作品に「リトル・ダンサー」ってありますね。

「ザ・ダイバー」2000年


カール・ブラシアの実話を基に映画化された作品で 黒人というだけでいじめにあったり人種偏見を持つ教官、この教官はロバート・デニーロが演じてますが陰湿で(最後はいい人(笑)
その確執のみならず船上での事故で片足切断という肉体的なハンデも克服していくのですがやればできる勇気と父親との約束を必ず実現させるという強い信念や、人種偏見の壁を取り払うという希望も与えてくれてます。

カール・ブラシア役はキューバ・グッティングJr.ですがこの人の出てる映画 「奇跡の手」 恵まれない家庭環境で育ちながらも母親のもとで医者を志し、様々な試練を経て高名な小児神経外科医となったベン・カーソンの前半生を描いた実録これも必見です。

「シーシャンクの空に」・「ガンジー」・「レールズ&タイル」・「奇跡のシンフォニー」・「シンドラーのリスト」などなどまだまだお気に入りの映画は沢山ありますが、またの機会に

インドア派にとってイヤ~映画ってホント良いですね~icon100  

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 11:10Comments(0)病院スタッフのひとりごと

列車の旅

2012年05月08日

最近ちょっと自分の時間がもてる様になりました♪
緑花が意気揚々と輝く素敵な季節 
久々旅に出かけようと思い立ち 
気軽にてぶら・ぶらり旅 列車で行く事にしましたヽ(>∀<*)ノ
ちょっと贅沢に憧れのお宿と極上の温泉とお料理を求め
青色の『ソニック号』でLet‘s Go !!!!!





さあ また明日から頑張りま~す\(*≧▽)ファイト!(∀≦*)/
  

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 13:35Comments(0)病院スタッフのひとりごと