花粉症の季節がやってきた

2010年02月12日

今年も花粉の季節がやってきました。

くしゃみで体力を消耗してしまうし、朝、鼻づまりで
息ができなくて目が覚めるし、花粉症の方々、
辛い日々をお察しします。

花粉症に効くというお茶やサプリがいろいろありますが、
私が今、気になっているのが、”つくし飴”です。

近所のドラッグストアに置いてあるんですが、お値段が1箱10粒入りで980円なんです。
1粒98円…

どこかの大学で研究されてて、入荷が難しいと書かれてあるのですが、
一粒98円(しつこい)の飴…

買い物に行くたびに何度も手にとっては置いて。
きっと店員さんに覚えられているかも…


花粉症の辛さがとれれば安いのかもしれないけど、
小心者の私には結局買えなかったんで、今年こそ試したいのですが…

まだまだこれからが本格的な花粉シーズンです。
しばらく”つくし飴”の前で悩む日々が続きそうです。

  

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 17:44Comments(1)病院スタッフのひとりごと

夢を見れる場所

2010年02月01日

先日、劇団四季の専用劇場であるシティ劇場での公演を2月7日で一旦休止するとの報道がありました。

開館したのは1996年らしいですが、私が初めて観たのは1998年の



その頃勤めていた病院の慰安旅行で2階後の方の席だったのですが、当時宝塚にもハマッていたこともあり、「九州でこんな生の舞台を観れるなんて」と勝手に感動してしまい、その後1階S席で再度観劇。

これが一度1階席で観るともう他の席では観れなくなってしまうんですよねぇ。




どれもよかった!!

特にこれはやばい!!


子どもも好き、何回観ても飽きない、でもS席で観ると四季会員でも1人1万円強!
それを数回…気がつくと通帳残高がぁぁぁぁぁっ
ってことがありました。

それから少し自粛しましたが、後悔はしていません。
舞台演劇にはTVや映画では絶対得ることのできない夢と感動があると思うから。
それに盛り上がった時のスタンディングオベーションや多い時は10回位あるカーテンコールはストレス解消となります(笑)

地方で通年上演することは本当に難しいかもしれないけれど、何とか来年春の再開を実現していただきたいと切に願っております。

  

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 14:12Comments(1)病院スタッフのひとりごと