Posted by at

ピンクリボン運動

2009年10月01日



今日から、ヤフーのトップが「ピンクリボン運動」に協賛して、ピンク色になっていますね。

ピンクリボンは:
乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。
女性の8人に1人が乳がんを患うといわれているアメリカで、1980年代から盛んになった市民運動の思いを表しています。

10月は、このピンクリボン運動の強化月間にあたり、世界中でさまざまなイベントが実施されます。

また、ピンクリボン運動は、乳がんだけでなく、がん患者の方々全てを対象に医療費負担を少しでも減らし、治療に専念してもらえるようにするための活動でもあります。

歌手の川村カオリさんも、乳がんでお亡くなりになりました。
また、映画にもなった「余命一ヶ月の花嫁」の長島千恵さんも乳がんでした。
今、日本で乳がんに罹るひとは年間4万人と言われているようです。

女性の皆さん、「自分だけは大丈夫」と思わず、機会を見て検診を受けましょう。
早期発見は、早期治療・早期回復につながります。
安心した生活が送れるように、日頃からのセルフチェックも必要です。

乳腺・乳がんのお悩みご相談は 弥永協立病院へ

  

Posted by 弥永協立病院スタッフ at 22:13Comments(0)ピンクリボン