眠りについて☆アロマテラピー編

2009年01月17日

 こんにちは!沖縄地方に台風が接近しているためか
 福岡は雨が降っています。
 まだまだ日中は30度を超える日が多いですが、
 朝晩は随分涼しくなりまたね!
 気温の差が激しい為か、風邪をひかれた患者様が
 ちらほら来られます。
 皆様もお気をつけ下さいね!

 さて、今回のテーマは前回の予告通り、質の良い
 眠りを得るためにアロマテラピーを用いる方法に
 ついてお話します。
 
 なかなか寝付けない時は神経が高ぶっていることが多いです。
 そこで、鎮静作用とリラックス効果のあるエッセンシャルオイル
 を用います。 
 おすすめは生活リズムを整える作用を持つラベンダーです。


 使い方

 枕元に一滴
 ラベンダーを1滴ティシュペーパーに落として枕元に
 そっと置いて下さい。
 やさしい香りが睡眠のリズムを整えます。

 イブニングバス
 やさしい香りを放つお風呂につかって身体全体の緊張を
 ゆるめてあげましょう。
 ラベンダー、イランイラン、カモミール、ネロリ、マジョラム
 などがおすすめ。
 ややぬるめのお湯に1~2滴加え肩までつかってゆっくりと
 温まります。

 精油の選び方
 精油(エッセンシャルオイル)は、100%ピュアなものを
 選びましょう。
 アロマテラピー専門店はもちろん、雑貨店や通信販売でも
 手に入れることが出来ます。

 購入時のチェック点は
 ①100%天然オイルであること
 ②化学合成された香料を使用していない
 ③人工的に加工されていない

 ポプリオイルやフレグランスオイルがありますが精油の
 代わりにはなりません。注意して下さい。

 価格は5mlで千円位のものから(レモン、ローズマリー、
 オレンジスイートなど)高価なローズなどは3万円近く
 といったオイルオイルもあります。
 紹介したラベンダーイランイラン、マージョラムなどは
 求めやすいオイルです。


 ※ 他にもいろいろなエッセンシャルオイル、使い方も
 あります。また、病気中や治療中の方には使えないもの
 もあります。  


Posted by 弥永協立病院スタッフ at 15:34Comments(0)睡眠について